カミソリの特徴とは

カミソリの特徴について

カミソリ

 

カミソリの特徴を紹介してみます。

カミソリとは

カミソリ

 

カミソリは毛を剃る為に作られたケアアイテムで、先端に刃が取り付けられているのが特徴です。

 

L字型

 

カミソリ

 

L字型は伝統的な形状をしたタイプで、刃を当てる角度や刃の入り方を自由に調節することができます。また、他人の毛を剃るのにも適していますから、例えば床屋で顔を剃る時に使われる定番になっています。

 

T字型

 

カミソリ

 

T字型は安全性と使いやすさが考慮された、今も進化し続けているタイプの現代的なカミソリです。毛を剃る面に合わせてヘッドの部分が動いたり、高級なタイプは刃の数を多くして使い心地を良くするなど、様々な工夫が取り入れられています。

 

手に持ちやすく横滑りしにくいのもT字型の特徴ですから、セルフケアを行うならこちらの方が安心して使えるでしょう。使い終えた後は洗い流して水気を切るだけなので、研いだり錆に気を使わなくても良いのが嬉しい魅力です。

 

切れ味が落ちてもヘッドを交換するだけで復活しますから、長く愛用し続けられるアイテムになり得ます。

 

まとめ

 

カミソリ

 

剃刀は深剃りが難しかったり、毛穴に負担が掛かったりと、デメリットも決してないわけではありません。しかし、メリットの方が数多く上回っているので、デメリットを踏まえても選ばれる機会が多くあるといえるでしょう。

使い方のポイント

カミソリ

 

カミソリを使う時は肌を良く濡らし、シェービング剤を付けて準備を行うことが大切です。皮脂が溜まった状態の皮膚は滑りにくいので、そのまま行き成りカミソリを使うと肌が負けます。

 

理想は一度石鹸で洗ってからシェービング剤を付けて、肌の準備を万全に整えることです。肌を濡らすのはシェービング剤との馴染みを良くする為なので、必ず濡らしてから剃り始める必要があります。

 

肌に刃を当てて一方向に滑らせたら、今度は刃の状態を見て次の判断を行います。刃に毛が絡んでいると滑りが悪くなるので、一度刃を洗って適度にシェービング剤を補うのが理想的です。仕上がりに納得できるまで繰り返したら、シェービング剤を綺麗に落とし切って保湿に進みましょう。

 

刃を上手く使うコツは肌に強く押し当てないで、あくまでも表面をなぞるように滑らせることです。逆剃りは深剃りしやすいので人気ですが、肌のダメージを考慮するとおすすめできません。

 

肌の状態や刃の入り方によっては深く傷付けるので、カミソリは順剃りで行うのが原則です。

 

傷がある時のカミソリは治り掛けを直撃しますから、剃る前には肌の状態を確認することも重要です。いくら横滑りしにくいカミソリでも、手に石鹸やシェービング剤が付いていると危ないので、持ち手をしっかりと握れるように心掛けましょう。

よく起こる肌トラブル

カミソリ

 

出血やヒリヒリ

お手入れ中に起こる肌トラブルの定番としては、出血やヒリヒリとした痛みが挙げられます。出血はカミソリの刃が皮膚に食い込んだり、刃が垂直に入ってしまった場合に起こります。

 

更に切れ味が悪くなっている刃を使うことも、ノコギリで切るかのように肌を傷付けてしまいます。

 

逆剃りは毛が引っ掛かり直ぐに刃が傷むので、出血の肌トラブルが起こりやすくなります。痛みのトラブルは出血するほどではなくても、間違いなく肌にダメージを与えている証拠です。肌表面に細かい傷が付いてしまっていますから、回復を早める為にケアを行うのが良いでしょう。

 

色素沈着

色素沈着は出血や痛みのあるケアを行ったり、無理に続けた場合に起こり得る肌トラブルです。刺激を受けた部分に発生するメラニン色素が原因なので、ビタミンの補給と時間を掛けた回復が必要となります。

埋没毛

埋没毛は毛が毛穴に留まってしまうトラブルで、カミソリが切っ掛けになることがあります。毛穴が傷付き腫れて盛り上がったり、かさぶたができて塞がってしまうと、伸びる毛は行き先がなくなってしまいます。するとおかしな方向に伸びようとするので、結果的に毛が外に出なくなることになります。

 

毛穴の黒ずみ

毛穴の黒ずみは酸化した角質や皮脂が原因で、繰り返しカミソリを使った場合に発生しやすい問題です。深剃りしなくても黒ずむことはあるので、カミソリが肌に合わなければ、電気シェーバーなどに置き換える必要性が高まるでしょう。

カミソリの選び方

カミソリ

 

カミソリは刃の性能が最重要なので、切れ味の良さで選ぶのが基本です。日本製や海外の大手メーカー製は質が高いですから、こういった企業の製品を選択すると失敗が避けられます。

 

細かい部分を剃りたい場合はL字型が最適で、広い面積や曲面を剃るにはT字型が適しています。刃にガードが付いている物は失敗の恐れが小さいので、カミソリの初心者や抵抗感がある人におすすめです。

 

T字型は刃の枚数や付加機能の種類が多いこともあって、選択肢の豊富さに対し選びにくいのが難点です。ただ原則として刃の枚数が多くなるほど切れ味が落ちにくく、肌の負担も減るといった使い勝手が向上します。

 

価格も刃の枚数に合わせて上昇しますが、安全で綺麗な仕上がりを求めるのであれば、3枚から5枚刃のカミソリが希望にマッチするはずです。

 

持ち手の部分も使い勝手に影響しますから、店頭で試せる場合は手に持ってグリップを確かめてみましょう。拘っている商品は一見すると使いやすそうでも、実は使う人を選んでしまったり感想を二分することがあります。

 

最終的には使う本人に合うフィーリングが肝心なので、試せる機会は積極的に活用するのがポイントです。

 

また、カミソリの刃は原則として使う度に交換する消耗品ですから、ランニングコストも見逃せない要点となります。

ジョモリー抑毛石鹸の通販購入はこちら!トップページへ自宅でムダ毛対策をしたい方、手の届きにくいムダ毛に悩んでいる方はトップページのジョモリー抑毛石鹸も確認してみてください。